日々の日常生活に欠かせない存在として、多数の工業製品があります。時計やパソコンやテレビなどの精密な物から、パイプとパイプをくっ付けただけのラックなど、身の回りに溢れています。
それらは、一つの部品だけで構成されているものではなく、複数のものがたくさん集まって、固定されていたりしています。
手作業で完成させるものであったり、工場で流れ作業などで完成させるものであったり、様々なパターンがあります。
組み立てたり、固定していく中で、共通点があって、ねじやキャップボルトをワッシャーに嵌めていき、製品が出来ているという点です。
そこでは、釘を使って固定したり補強したりなんて事はしなくて、ねじやキャップボルトを使って、見た目にも綺麗に仕上げて、組み立てられていっているということです。
そのなかでワッシャーが、ねじやキャップボルトと製品の間に入ってくれることで、密着を防ぎ、磨耗や緩みを軽減してくれる、一種の円滑油として活躍しています。

工業の現場以外でも、現在は日曜大工(DIY)が盛んで、女性もホームセンターに行き、材料を買ってきて、花壇や柵などを作ったりします。
そのなかでも、やはり、ねじやキャップボルトやワッシャーを使うと思います。
ドライバーで、締めたり緩めたりする「ねじ」
六角レンジで、締めたり緩めたりする「キャップボルト」
しっかり固定してくれたり、キズから守ってくれる「ワッシャー」
これだけ、製品が溢れているなかで、これらの果たす役割は大きいのです。
少しでも、これらの活躍を見て、興味や関心を持ってくれたら嬉しく思います。

オススメリンク

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし